アンドロイドが人間のオーケストラ伴奏で歌う、渋谷慶一郎のアンドロイド・オペラ
『Scary Beauty(スケアリー・ビューティ)』

2018年7月22日、「アンドロイド・オペラ『Scary Beauty』」を世界の人工生命研究者が集うALIFE 2018(人工生命国際学会)のパブリックプログラムとして日本科学未来館(東京・お台場)で初演が行われた。
本プロジェクトは、昨年2017年にオーストラリアでプロトタイプを公開し、それ以降に完成した新曲を加えたバージョンとして世界初演となる。AI(人工知能)を搭載したアンドロイド オルタ2(Alter2)が30名に及ぶ人間のオーケストラを指揮し、それを伴奏に自ら歌う。
演奏に際した音楽全体のテンポや強弱はアンドロイドが自律的に決定し、人間はそれについていくことしかできない。
これは宿命的に加速する「自らが生み出したテクノロジーに従属することでしか生きていけない人間」の縮図をみせるモノオペラ/ショー/作品/であり、最後の音楽と言えるかもしれない。

作曲とピアノを渋谷慶一郎が担当、実際の演奏の際に起こるであろう人間の想像を超えた急激なテンポや強弱の変化、それに伴う歌唱表現の極度な振れ幅は全てアンドロイドが自ら決定し、作曲された音楽作品の新たな可能性を引き出す場合もあれば、破壊する可能性もはらみつつ音楽は進む。 世界的なロボット学者である石黒浩氏(大阪大学教授)のアンドロイド「オルタ2」に同じく世界的な人工生命の研究者である池上高志氏(東京大学教授)によるAIの自律的運動プログラムが搭載されたとき、このプロジェクトは始動した。

世界のロボット、ALife(人工生命)を代表する石黒、池上という二人の際立った知性と渋谷の音楽が拮抗することで音楽と我々=人間、アンドロイドの関係は激しく振幅し揺れ動き、更新される。

歌われるテクストは現代フランスを代表する小説家であるミッシェル・ウエルベックによる奇妙なラブソング、三島由紀夫の自決直前に書かれた遺作、ウィリアム・バロウズのカットアップをディープラーニングでさらに切り刻んだテクスト・リーディングといった極めて危うく鋭い知性、言説の抜粋から成っている。

また、今回の公演に発表される新作として、20世紀を代表する哲学者であるルートヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインの遺作である「確実性の問題」の抜粋をWord2Vec(文章内における各単語の意味をベクトル表現化するプログラム)を用いて解析、各単語を3次元ベクトルに変換し、得られたベクトルの各成分を音高、音価、音の強弱に対応させることで、テクストから音楽への自動作曲を用いた作品も発表される。

そして、これらの言わば「人類最後の7つの歌」をアンドロイドが歌うことで恐怖と感動が入り混じった「新たな感情」が生成される。ここでは単一の物語を時間軸に沿って展開していくという構成をとっていない。そして、近い未来にはリズムやテンポだけではなく、演奏箇所の選択やカットアップもアンドロイド自身がリアルタイムで行い、別々の音楽と物語が偶発的に断片化されては接合されていく、新しいアレンジ/リミックスによるオペラが可能になる。

本公演はその来るべき未来に対するアンドロイドとオーケストラによる壮大なリハーサルを暗転の中で目撃する最初の機会となった。

プロジェクトネームは「Scary Beauty(=奇妙な、不気味な美しさ)」

Performer

Alter2 (オルタ2)

「人間らしい見かけだけが、人間らしさを表現する方法か」  “生命らしさ”を持つという機械人間「オルタ2」(Alter2)。動きの複雑さによって人間らしさを表現することに挑戦したアンドロイド。皮膚に相当する部分を最小限にし、機械がむき出しとなっている。

共同で制作したのは、大阪大学大学院基礎工学研究科 教授の石黒浩氏と講師の小川浩平氏、東京大学大学院総合文化研究科 教授の池上高志氏と東京大学大学院総合文化研究科の土井樹氏の4人。主な役割分担としては、ロボット作りを担当する大阪大学では小川がアンドロイドを制御するツールを開発し、人間らしさの制御を担う東京大学では土井が動きや音をリアルタイムに生成するプログラムを担当した。オルタ2は日本科学未来館の常設展エリアに展示されている。(7月20日(金)~22日(日)は1Fシンボルゾーンにて特別展示)

渋谷慶一郎 (シブヤケイイチロウ)

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作にピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』『ATAK020 THE END』、パリ・シャトレ座でのソロコンサートを収録した『ATAK022 Live in Paris』など。また、映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など数多くの映画・TVドラマ・CMの音楽も担当。2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品は、その後、東京、パリ、アムステルダム、ハンブルグ、オーフスで公演が行われ、現在も世界中から上演要請を受けている。2016年にはサティ、ピカソ、コクトーのコラボレーション作品「Parade(パラード)」のリメイク「Parade for The End of The World」をパリで発表。2017年にはパリ・オペラ座でパリ・オペラ座・エトワール、ジェレミー・ベランガールとビデオ・アーティストチームのエイドリアンM & クレアBとのコラボレーションによる「Scary Beauty」のダンスバージョンを発表。最新作であるアンドロイドとオーケストラによるモノオペラ「Scary Beauty」の全体ディレクションと作曲を行なっている。

これまでに複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、アーティストの杉本博司、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガール、ルイヴィトンやピガール、エルメネジルド・ゼニアといったファッションブランドと横断的なコラボレーションを行う。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。

Scientist

石黒浩

人間酷似型ロボット研究の第一人者。工学博士。

1963(昭和38)年、滋賀県生まれ。ロボット工学者。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻・特別教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長&ATRフェロー。知能ロボットと知覚情報基盤の研究開発を行い、次世代の情報・ロボット基盤の実現をめざす。人間酷似型ロボット研究の第一人者。2011年、大阪文化賞受賞。

池上高志

1961(昭和36)年上諏訪生まれ。1989年東京大学大学院理学系研究科物理学修了。理学博士。東京大学大学院総合文化研究科教授。複雑系、特に人工生命の研究をテーマとし,ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指す。国際ジャーナル「BioSystem」「ArtificialLife」「Adaptive Behavior」などの編集を併任しつつ、渋谷慶一郎、evala、新津保健秀らとのアート活動(filmachine2006、Minde Time Machine2010、Long Good Bye2016)も行っている。

複雑系と人工生命を研究テーマとし、ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指している。国際ジャーナル「BioSystems」「ArtificialLife」「Adaptive Behavior」などの編集をおこなっている。また、複雑系・人工生命の研究のかたわら、渋谷慶一郎、evala、新津保健秀らとのアート活動も行っている。

小川浩平

2010年公立はこだて未来大学大学院博士後期課程修了。博士(システム情報科学)。2008年からATR知能ロボティクス研究所研究員。2012年より現職。

土井樹

音楽家、研究者。

1989年、兵庫県生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程。 群れの集団運動やArtificial Lifeなどのテーマで研究をするとともに、アート/音楽作品の発表を行っている。 主な音楽作品に『Uonotayu』(2010)、『The Sounds I couldn’t Hear』(2014)、『S』(2016)。また、インスタレーション、展示のサウンド・デザイン/プログラミングも手がけており、主な近作には『Jens|PREVIEW 17SS』音楽、『Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY:border』データ解析、『機会人間Alter』音楽/ソフトウェアプログラムなどがある。

System architect, Electronics

ことぶき光

1987年よりP-MODELに参加、ポリドールレコードよりデビュー、濫立した直立キーボードを弾きまくる常用外のステージを展開。キーボーディスト・コンポーザー・アレンジャー・コンピュータシステム奏者として、戸川純・スピッツ・酒井法子などのツアー/レコーディングに参加。梅津和時・アンドリューシャープリー・知久寿焼などを迎えたソロ作 「mosaic via post」、Lee "Scratch" Perry・AdrianSherwood等とのリメイク・リミックス、東京モード学園・三菱自動車EU等のCM、日本テレビ「メッセージ」等のTVドラマ、新幹線のぞみ発車ベル等の音楽を担当。二足歩行シンセ・Heddle・女子6m障害等の音響デバイス制作。ビデオスクラッチによるタンデム音声詩。2016年冨田勲「Dr.コッペリウス」の演出。90年代から幾度にも亘るヨーロッパやアジアでの音響工作を通じて、ボーダレスな作品に多数参加

 

Orchestra Performance Manager

川島素晴

東京芸術大学、同大学院修了。1992年秋吉台国際作曲賞、1996年ダルムシュタット・クラーニヒシュタイン音楽賞、1997年芥川作曲賞、2009年中島健蔵音楽賞、2017年一柳慧コンテンポラリー賞等を受賞。いずみシンフォニエッタ大阪プログラムアドバイザー等、現代音楽の企画・解説に数多く携わり、2016年9月には北海道テレビ「タモリ倶楽部」の現代音楽特集にて解説者として登壇。指揮、ピアノ、打楽器、声等、自作や現代音楽作品を中心に、様々な演奏活動にも携わっている。日本作曲家協議会理事。国立音楽大学准教授。

Technical Artist

藤本隆行

Kinsei R&Dディレクター・照明デザイナー

dumb typeのメンバーとして、主に照明とテクニカル・マネージメントを担当。21世紀に入り、Kinsei R&Dを設立し、LED照明を使った舞台作品の制作を開始。近作としては、白井剛との共作「Node/砂漠の老人」、Jung Young dooとの「赤を見る/Seeing Red」、Monochrome Circusと作った「T/IT: 不寛容について」、また、おおたか静流との展覧会「くらやみ美術館」がある。その他にも、国内外のアーティストとのコラボレーションを活発に行い、2010年からは大阪の山本能楽堂にて、古典能の演目にLEDで照明を付ける試みも始めている。

Credit

渋谷慶一郎 : コンセプト、作曲、ディレクション、ピアノ
Alter 2 (Developed in Osaka University) : ヴォーカル、指揮
国立音楽大学学生・卒業生有志:オーケストラ演奏
<ポストトーク>スピーカー:石黒浩、池上高志、渋谷慶一郎、モデレーター:内田まほろ

[アンドロイド開発、共同研究]
石黒浩(アンドロイド制作)、池上高志(アンドロイドプログラミング)、小川浩平(アンドロイド制作)、土井樹(アンドロイドプログラミング)

[システムアーキテクト、エレクトロニクス]
ことぶき光

[サポートプログラミング]
百々政幸、山口慎一

[オーケストラ演奏統括]
川島素晴

[オーケストラ演奏指導]
板倉康明

[オーケストラ演奏]<国立音楽大学学生・卒業生有志オーケストラ>
Violin I:井川璃理*、岩田瑞加、岸井晶子、豊田香苗
Violin II:伊藤太郎、酒地祥太、安生早耶香、島根和奏
Viola:金安遥佳、古木沙弥、花岡美伶、後藤悠太
Cello:佐藤慧、岡田莉奈、田中麻衣、佐藤栞
Contrabass:鬼塚春香、近藤聖也
Flute:黒瀬彩夏
Clarinet:松本玲香
Bass Clarinet:川嶋佑奈
Alto Saxophone:中村有里
Horn:橋本宰
Trumpet:西田彩
Bass Trombone:栗山憧子
Percussion:亀尾洸一、真野宏樹、三塚佑馬
*=コンサートマスター

[照明]
藤本隆行

[音響]
金森祥之

[映像]
涌井智仁

[舞台監督]
尾崎聡

[テクニカルアシスタント]
ジョンスミス

[スコアラー、音楽助手]
鈴木理

[サウンドプログラムサポート]
宮田大地

[ボーカロイドサポート]
ジュスティーヌ・エマール

[スーパーバイザー]
増井健仁(ワーナーミュージック・ジャパン)

[制作]
神田圭美、大木奈緒美、中村桃子

[主催]
Alife Lab.

[共催]
日本科学未来館

[特別協力]
 大阪大学知能ロボット学研究室(石黒研究所)、東京大学池上研究室、株式会社オルタナディヴ・マシン、キヤノンマーケティングジャパン株式会社

[協力]
株式会社イノベーター・ジャパン、株式会社ワーナー・ミュージックジャパン、株式会社ヴァリアス・ディメンションズ、株式会社冬寂、株式会社ヤマハミュージックジャパン、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、NATIVE INSTRUMENTS JAPAN株式会社、株式会社ハイ・リゾリューション、カシオ計算機株式会社、パイフォトニクス株式会社、有限会社タマ・テック・ラボ、Studio ATLAS            

[協賛]
 株式会社オレンジ

          

[助成]
 公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

past performance

2017.09.30 Adelaide

contact

アタック・トーキョー株式会社:
info@atak.jp