アンドロイドが人間のオーケストラ伴奏で歌う、渋谷慶一郎の新作モノ・オペラ
『Scary Beauty(スケアリー・ビューティ)』世界初演が決定!


9月30日と10月1日の2日間、オーストラリアの都市アデレードで開催されるアートフェスティバル「OzAsia Festival(オズアジア・フェスティヴァル)」にて、渋谷慶一郎が作曲、指揮、ピアノを担当し、アンドロイドのソロ・ボーカリストとオーケストラの共演による新作『Scary Beauty』の世界初演が行われる。渋谷としては、ボーカロイド・オペラ『THE END』(2012〜)以来、5年ぶりとなる、待望の新作オペラ作品の発表となる。

『Scary Beauty』(「不気味な美しさ」の意)は、世界的なロボット研究者である石黒浩氏によって開発され、複雑系研究者の池上高志氏との共同研究より人間に近い運動の自由度を獲得したヒューマノイド・アンドロイド「Skelton (スケルトン)」が、人間のオーケストラ演奏をバックに、歌い演じる新作モノ・オペラである。

楽曲は、ミッシェル・ウェルベック、三島由紀夫、ウィリアム・バロウズの作品から抜粋、コラージュされたテキストによる3曲からなる。これらのテキストは、人類が絶滅した後の地上でアンドロイドが歌い続ける奇妙な情景を想定して選ばれている。男性でも女性でもない中性的な存在であるアンドロイドが、コンピュータで生成された人工合成音声で、10人編成のクラシカルな室内オーケストラと共演する形で歌っていく。

また、アンドロイドの衣装をデザイナー・阿倍千登勢を擁する世界的なファッションブランド、sacai(サカイ)が担当することも大きな注目を集めている。

まるで人間のような滑らかな動きから人間ではありえない奇妙な動きへ。人間の声では出せない奇妙な音声で歌い演じるアンドロイドは我々に何を感じさせ、考えさせるのだろうか。ここには様々な想像を超えた要素の共存とコントラストが混在しており、聴衆は恐怖と感動の振幅を体験することになる。

ソロ・ヴォーカルを担当するSkeltonの動作、運動は事前にプログラムされたものではなく、オーケストラの演奏に反応してリアルタイムで生成される。生成には、我々の脳内のニューロンを模したモデルから構成されたスパイキングニューラルネットワーク(Spiking neural network)を用いている。ニューラルネットワークの出力は、アンドロイドの「ふるまい」として表現され、それは周期的なものからカオティックなものまで多様なものとなるが、それらのトリガー(きっかけ)は人間のオーケストラによってもたらされる。つまりこれはアンドロイドと人間による、今までに存在しえなかったアンサンブルによる演奏といえるだろう。

共演オーケストラは、オーストラリアの最も注目される現代音楽アンサンブルとして領域横断的な幅広い活動を展開するAustralian Art Orchestra (AAO:オーストラリアン・アート・オーケストラ)。作曲と指揮、ピアノを渋谷慶一郎が担当する。

舞台演出は照明を藤本隆之が、映像を涌井智仁が担当。LEDを駆使した照明と舞台背後の2面大型スクリーン上にリアルタイム中継映像とあらかじめ制作、編集された映像が再構成されプロジェクションされる。

また10月3日、4日には、2012年の初演以来、世界中で公演を重ねているボーカロイド・オペラ『THE END』も同フェスティバルで披露されることが決定しており、渋谷を中心とした両公演はフェスティバルのメインアクトとなっている。(同フェスティバルは毎年オーストラリアとアジアの文化交流のためのカルチャー・フェスティバルで、3週間にわたり、映画、ダンス、エキシビションを楽しむことができる。)

Scary Beauty in Adelaide

日時:9月30日18時 、10月1日14時 (現地時間)
会場:Space Theatre Adelaide Festival Centre

OzAsia Festival [Link]

Scary Beauty
http://scarybeauty.com

Performer

Skeleton (スケルトン)

「人間らしい見かけだけが、人間らしさを表現する方法か」  “生命らしさ”を持つという機械人間「スケルトン」(skeleton)。スケルトンは動きの複雑さによって人間らしさを表現することに挑戦したアンドロイド。皮膚に相当する部分を最小限にし、機械がむき出しとなっている。

制作は、大阪大学。システムを共同研究開発したのは、東京大学大学院総合文化研究科の池上高志教授と学生の土井樹、大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授と助教の小川浩平の4人。主な役割分担としては、ロボット作りを担当する大阪大学では小川がアンドロイドを制御するツールを開発し、人間らしさの制御を担う東京大学では土井が動きや音をメインに担当した。

渋谷慶一郎 (シブヤケイイチロウ)

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。

2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作にピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』『ATAK020 THE END』、パリ・シャトレ座でのソロコンサートを収録した『ATAK022 Live in Paris』など。また、映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など数多くの映画・TVドラマ・CMの音楽も担当。2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品は、その後、東京、パリ、アムステルダム、ハンブルグ、オーフスで公演が行われ、現在も世界中から上演要請を受けている。2016年にはサティ、ピカソ、コクトーのコラボレーション作品「Parade(パラード)」のリメイク「Parade for The End of The World」をパリで発表。2017年にはパリ・オペラ座でパリ・オペラ座・エトワール、ジェレミー・ベランガールとビデオ・アーティストチームのエイドリアンM & クレアBとのコラボレーションによる「Scary Beauty」のダンスバージョンを発表。最新作はアンドロイドとオーケストラによるモノオペラ「Scary Beauty」で今年9月に初演が決定、その後は世界巡回が予定されている。

これまでに複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、アーティストの杉本博司、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガール、ルイヴィトンやピガール、エルメネジルド・ゼニアといったファッションブランドと横断的なコラボレーションを行う。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。

Scientist

石黒浩

人間酷似型ロボット研究の第一人者。工学博士。

1963(昭和38)年、滋賀県生れ。ロボット工学者。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻・特別教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長&ATRフェロー。知能ロボットと知覚情報基盤の研究開発を行い、次世代の情報・ロボット基盤の実現をめざす。人間酷似型ロボット研究の第一人者。2007(平成19)年、英Synectics社の「世界の100人の生きている天才」で日本人最高位の26位に選ばれる。2011年、大阪文化賞受賞。

池上高志

人間酷似型ロボット研究の第一人者。

複雑系と人工生命を研究テーマとし、ダイナミクスからみた生命理論の構築を目指している。国際ジャーナル「BioSystems」「ArtificialLife」「Adaptive Behavior」などの編集をおこなっている。また、複雑系・人工生命の研究のかたわら、渋谷慶一郎、evala、新津保健秀らとのアート活動も行っている。

小川浩平

2010年公立はこだて未来大学大学院博士後期課程修了。博士(システム情報科学)。2008年からATR知能ロボティクス研究所研究員。2012年より現職。

土井樹

音楽家、研究者。

1989年、兵庫県生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程。 群れの集団運動やArtificial Lifeなどのテーマで研究をするとともに、アート/音楽作品の発表を行っている。 主な音楽作品に『Uonotayu』(2010)、『The Sounds I couldn’t Hear』(2014)、『S』(2016)。また、インスタレーション、展示のサウンド・デザイン/プログラミングも手がけており、主な近作には『Jens|PREVIEW 17SS』音楽、『Rhizomatiks Research x ELEVENPLAY:border』データ解析、『機会人間Alter』音楽/ソフトウェアプログラムなどがある。

Technical Artist

藤本隆行

Kinsei R&Dディレクター・照明デザイナー

dumb typeのメンバーとして、主に照明とテクニカル・マネージメントを担当。21世紀に入り、Kinsei R&Dを設立し、LED照明を使った舞台作品の制作を開始。近作としては、白井剛との共作「Node/砂漠の老人」、Jung Young dooとの「赤を見る/Seeing Red」、Monochrome Circusと作った「T/IT: 不寛容について」、また、おおたか静流との展覧会「くらやみ美術館」がある。その他にも、国内外のアーティストとのコラボレーションを活発に行い、2010年からは大阪の山本能楽堂にて、古典能の演目にLEDで照明を付ける試みも始めている。

涌井智仁

1990年、新潟生まれ。映像、ジャンクパーツやオーディオなどをプログラミングによって結合させ、テクノロジーの原始的な可能性を表現する作品を制作。データを根源的に捉え直し、人類とその歴史における次の展開を美術によって模索している。主な個展に「蒼い優しさに抱かれて」(ナオナカムラ、東京、2012年)、「Long,Long,Long」(Garter、東京、2016年)、「nonno」(8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、東京、2016年)

Credit

渋谷慶一郎 : コンセプト、作曲、ディレクション、指揮、ピアノ
Skeleton (Developed in Osaka University) : ソロ・ヴォーカル
Australian Art Orchestra:オーケストラ演奏

[アンドロイド開発、共同研究]
石黒浩(アンドロイド制作、制御)、池上高志(アンドロイド制御、制御)、小川浩平(アンドロイド制作)、土井樹(アンドロイド制御)

[衣装]
sacai [link]

[映像]
湧井智仁

[照明]
藤本隆行

[音響]
金森祥之

[舞台監督]
岩田拓朗

[テクニカルアシスタント]
John Smith

[映像生成開発]
神田川雙陽

[プロデュース]
小川滋

[スタッフ]
神田圭美(制作)、大木奈緒美(コーディネート、通訳)、中村桃子(プロダクションマネージメント)

[特別協力]
日本科学未来館

[協力]
株式会社イノベーター・ジャパン、Steinberg DORICO、YAMAHA Music Japan co.,Ltd.、株式会社オレンジ、ジュスティーヌ・エマール、宮田大地、鈴木理

contact

株式会社イノベーター・ジャパン: scarybeauty@innovator.jp.net